パーティクリンマニュアル>操作説明>ツールバー

ツールバー

今編集しているパーティクルを破棄します
保存したファイルを開きます
▼ボタンからは最近使用したファイルを開くことが出来ます
破棄ファイルを開きます

〜破棄ファイルについて〜
保存をしていない状態(タイトルバーに*が付いている状態)で
「新規作成」「ファイルのオープン」「アプリを閉じる」等の動作
で新しいファイルを開いたとき、現在編集していたファイルが
破棄ファイルとして登録されます。
この破棄ファイルを読み込むことにより、破棄された状態から
の編集が行えるようになります
上書き保存を行います
名前をつけて保存を行います
画像データとしてパーティクルを出力します(詳しくは後述)
操作を1つ元に戻します
元に戻した操作をやり直します
生成したパーティクルを再生します
再生を停止します
再生をリピートさせるかを設定します
リピートをOFFにした場合、アイコンは「」になります
再生の速度を変更します
マニュアルを開きます
バージョン情報を表示します

出力について

出力ボタンを押すと、以下のようなウィンドウが表示されます

・連番で出力について

指定したファイル名で、指定されたディレクトリに画像を保存します

例:[smoke][*.png]と入力した場合
smoke00.png smoke01.png ・・・・ smoke16.png
という名前で画像が保存されます。

・一枚画像で出力について

指定されたパラメータで一枚の画像ファイルとして画像を保存します。

※「正方形に調整する」をチェックについて
 画像の枚数が「横の枚数>縦の枚数」であるときに、
 画像のサイズを正方形に調整します

戻る